Home / Programming / Python / Pythonメモ:*arg **kwargの意味とサンプルコード
python

Pythonメモ:*arg **kwargの意味とサンプルコード

コンテンツ:

*argとは:

関数定義時に、引数を指定(まさにアスタリスクみたいなもの)しないことで、関数呼び出し時に後付けで設定したものを引数として使える。尚、必ずしもargである必要はなく、argument=引数のため、*argとなっているだけであり、*がその役割を果たす。

def shop(*arg):
    print(arg)

#引数の中身生成
raffia = 'High'
paper = 'cheap'
#呼び出し
shop(raffia,paper)

**kwargとは:

*argの辞書型バージョンだと認識すればOKです。kwはkeywordの略であり、それに+arg(引数)が付いた形だと思いますが、キーワードは辞書型でkeyがでてきますよね?なので辞書型引数なんでもこいとドンと構えるのが**kwargになるわけです。そして原理は同じで、**(アスタリスク2つ)がその役割を果たします。

尚、関数を呼び出す際には、辞書型のため、引数の書き方は=を使って示す必要がありますのでご注意ください。

def price(**kwarg):
    print(kwarg)

#引数の中身生成+呼び出し
price(soy=200, beans=100)

Check Also

Djangoメモ:既存データベースの初期化-migrationリセット

Djangoで当初データベース …