【グローバル人材のためのプチ教養】馬を水辺に連れていくことはできても、水を飲ませることはできない。

グローバル人材なら知っておきたい視座を上げるプチ教養シリーズ:今回はイギリスの諺です。

“You can lead a horse to water but you can’t make him drink”

「馬を水辺に連れていくことはできても、水を飲ませることはできない」

場所を用意しても最終的に水を飲むか飲まないかは馬次第。コントラローラブル/アンコトローラブルの視点に通ずる考え方でもあり、また結局のところ意思決定するのは本人なので何事も本人次第という含蓄のある言葉です。色々な局面で参考になる考え方だと思います。企業が提供する研修を例に考えてみましょう。

人材育成の視点

大企業を中心に会社が個々人のスキルを上げるために様々な研修を用意しています。一方で参加する当事者である社員は、日々の実務に追われている中で研修に参加しているため、研修中に仕事をしている人も割と多いのではないでしょうか。あるいは最近ではオンライン研修もかなり浸透していますが、リモートのため研修を受け「ながら」作業している人も少なくないのではと思います。例えばこの状況で当てはめて考えてみましょう。

提供側(人事部等)視点

研修を提供しても受講者である社員がしっかりと受講していない場合、お金の無駄でしかありません。しかし、とはいっても社員も納期に迫られている案件と受講日が重なっているケースは決して少なくないでしょう。まさに場は提供したけど真面目に受けるか受けないかは本人次第です。ここでは水が飲みたくなるように目的や意義や効果等をしっかり事前に説明、共有することで真面目に取り組んでもらおうと考えるかもしれませんし、一人当たり業務量が多すぎるのではないか、データ分析しようと具体的アクションに繋がるでしょう。

本人の視点

本人はより明確ですね。この機会を自分のスキルアップに繋げるのか、目の前の仕事を優先するか、長期的な視点に立つか短期的な視点に立つかでその後のアウトプット(パフォーマンス)も大きく異なります。この諺を胸に自分の人生を振り返ってみると、自分は色々なよい機会に恵まれていたけれど、実は全然「美味しそうじゃない」、「今は飲まなくてもいいや」と選り好みや言い訳をして自分の磨くことを疎かにしていたと改めて再認識することにも繋がるかもしれません。

それは本当に望ましい水辺?

但し、気を付けるべき点もあります。そもそもの前提となる「連れていく水辺」が独りよがりな押し付けになっていないかは注意が必要です。例えば、日本の職場で外国人が働いてる場合に、日本の職場に働いているから郷に従えと異文化や多様性を無視し、昭和のスポ根気質な行動指針をOJTする場合。いかがでしょうか?答えは火を見るよりも明らかですね。

終わりに

いかがでしたでしょうか。仕事だけでなくプライベートにおいても例えば連れて行く側であれば、子育てにも通じますし、兄弟/姉妹や知人に対しても通ずることもあるでしょう。また連れて行かれる側であれば機会を有効活用する自分への戒めとしても機能すると思います。頭の片隅においてグローバル人材としてのQOLを高めていきましょう。

About TIER

TIERは大手企業から中小企業、民間企業から行政まで、海外展開に必要なサービスをワンストップで支援しております。海外マーケティングセールスから現地調達、海外向けクリエイティブ制作、グローバル人材採用支援まで幅広く対応しております。お気軽にお問い合わせください。