HEROKU x Cloud9設定方法

PaaS(Platform as a Service)であるHerokuは、ウェブサービスを公開する際にとても便利なサービスです。フリーミアムなので、無料で使うことができ、高機能を求めていくのであれば有料になっていきます。ウェブサービスの稼働時間次第ですが、とりあえずはやり方を覚えるという意味で無料で十分でしょう。尚、Herokuはgitを用いてデプロイ(公開)していきます。ここでは立ち上げの順番を確認していきましょう。

先ずはアカウント登録

これはサイトに行き通常のウェブサービスと同様に必要情報を埋めてクリックすると、登録したメールアドレスに確認メールが届くので、そのメールに記載されているリンクをクリックして完了します。数分で終わるのでさくっと終わらせちゃいましょう。

Heroku Website

Heroku コマンドツール一式をインストール

Cloud9のターミナルから操作するための準備をします。以下をターミナルで実行しましょう。

$ wget https://cli-assets.heroku.com/heroku-linux-x64.tar.gz -O heroku.tar.gz
$ sudo mkdir -p /usr/local/lib/heroku
$ sudo tar --strip-components 1 -zxvf heroku.tar.gz -C /usr/local/lib/heroku
$ sudo ln -s /usr/local/lib/heroku/bin/heroku /usr/local/bin/heroku

Herokuにログインする

$ heroku login -i

Enter your Heroku credentials.
Email: (Herokuに登録したメールアドレス)
Password: (Herokuに登録したパス)

対象フォルダへ移動

$ cd xxx

対象フォルダに新規にレポジトリを作成

$ git init

Herokuのアプリを作成

heroku create xxx

※きちんと作成できているか以下で確認しておきましょう。

$ git remote -v

Heroku 上で’procfile’ファイルを作成

使用するWebサーバーを指定するために、対象フォルダ(トップ)の直下にファイル(名前=procfile)を新規作成し、当該ファイルに下記を入力。

web: vendor/bin/heroku-php-apache2 public/

git処理

$ git add .
$ git commit -m 'Procfile'

データベース作成

$ heroku addons:create heroku-postgresql:hobby-dev

※hobby-devは無料版

環境変数の設定

heroku config

上記を実行し以下を把握。

postgres://ユーザ名:パスワード@ホスト名:5432/データベース名

以下で上記各項目を個別に設定する。

$ heroku config:set 項目名=設定値

App Key設定(セキュリティ対策)

$ heroku config:set APP_KEY=$(php artisan --no-ansi key:generate --show)

※Herokuの環境変数の確認方法

$ heroku config

マイグレーション

$ heroku run php artisan migrate

デプロイ

$ git push heroku master

エラーログ確認設定

$ heroku config:set APP_LOG=errorlog

About TIER

TIERは大手企業から中小企業、民間企業から行政まで、海外展開に必要なサービスをワンストップで支援しております。海外マーケティングセールスから現地調達、海外向けクリエイティブ制作、グローバル人材採用支援まで幅広く対応しております。お気軽にお問い合わせください。