グローバル人材インタビュー – デザイナー編: 西川 正剛様

十人十色の「グローバル人財」を紹介する連載企画。

今回は、プロダクト・インテリアデザイナーであり株式会社デザイン&トレーディングの創業者/代表取締役の西川 正剛さんにインタビューさせて頂きました。

自己紹介

TIER
TIER
この度はお忙しい中インタビューのお時間を頂き誠にありがとうございます。それでは早速ですが、先ず簡単に自己紹介して頂けますか?
株式会社デザイン&トレーディング代表の西川です。3DCGや3Dプリンターを使って家具や店舗什器・内装のデザインや制作をしています。また、木材製品の輸入や国内工芸品の輸出等の貿易サポート事業も行っております。
西川
西川
TIER
TIER
デザインと貿易、まさに会社名に表現されている通りですね。西川さんは、香川県を拠点に事業展開していらっしゃいます。
はい、香川の実家がうどん屋でして、親にお店を手伝ってほしいと言われたのがきっかけです。育ててくれた親孝行の意味でも香川でうどん屋を手伝いながら、自分の会社を立ち上げることにしました。
西川
西川
TIER
TIER
ご実家のうどん屋を手伝いながら起業とは早速興味深いお話です。それでは早速ですが、西川さんのバッググラウンドを紐解いていきたいと思います。

高校を卒業後にお金を貯めて海外へ

TIER
TIER
西川さんは高校卒業後にオーストラリアに渡られていますが、なぜ海外に行くことを決めたのでしょうか?日本に残る選択肢もあったかと思います。
当時、 駅前留学が流行っていました。ある日いつも通り何気なくテレビを見ていたら、イーオンのCMで金城武さんの「英語が話せると10億人と話せる」という言葉がすごく印象的で。
西川
西川
TIER
TIER
確かにありましたね。懐かしい。
感覚的な部分も含めて「英語が話せると10億人と話せる」って実際にそうなると、どうなるんだろうと。どういう状態になるのかなと。好奇心が日に日に強くなっていきました。
西川
西川
TIER
TIER
哲学的な問いですね。
それでせっかくなら駅前留学ではなく本当に留学しようと決めたのがきっかけになります。
西川
西川
TIER
TIER
高校卒業して海外に行くとなると、親御さんも不安かと思いますが、そのあたりはいかがでしたか?
それもあったもしれないですね。父親がとにかく厳しくて、子供のころからテレビを見るにも毎回理由を言って納得してもらわないと見せてくれない父親でした。
西川
西川
TIER
TIER
・・・それは相当に厳格ですね
それくらい厳しいので、今回は日本ではなく異国の地ということもあり、基本は自分でお金の工面をするようにと言われました。
西川
西川
TIER
TIER
現地での学費や生活費を考えると、さすがに一人で賄うには厳しいものがありますね。
ええ、なので先ずはお金を100万円貯めて、本気であること、そして誠意を見せようと思いました。父は厳しいですが、優しさがあるのは分かっていましたので。
西川
西川
TIER
TIER
高校卒業して100万円稼ぐのは、なかなか時間もかかるし、高校卒業して色々と遊びたい等の誘惑もあると思いますが、無事貯めることができましたか?
はい、和菓子屋でバイトして半年で100万円を貯めました。
西川
西川
TIER
TIER
有言実行、素晴らしいです。親御さんも認めて頂けたのでは?
はい、本当に良かったです。
西川
西川

なぜオーストラリアのメルボルン?

TIER
TIER
海外渡航に目途が付きましたが、世界には200カ国近い国があります。どのようにして国を選びましたか?
片っ端から国別のガイドブックを購入してドッグイヤーだらけになる位に読み漁りました。
西川
西川
TIER
TIER
ピンとくるような国はすぐに見つかりましたか?
いや、どのガイドブックもいいことしか書かないので、どの国も魅力的で。
西川
西川
TIER
TIER
そうですよね。
ただ、それ以上に問題だったのが、父親へのプレゼンです。
西川
西川
TIER
TIER
まだ、残っていたんですね。
ええ、お金を貯めたことで金銭面の目途は付きましたが、どこの国に行くかも許可を取る必要があります。
西川
西川
TIER
TIER
もはやプレゼンの英才教育ですね。国についてはどうやって説得しましたか?
ポイントを2点に絞りました。一つ目に初志貫徹じゃないですが、そもそも目的が「英語で10億人と話せる」ですので、英語圏であること。二点目は相対的にお金がかからないこと。この2点にしました。目的を考えれば妥当でどちらも否定しようがないと思いましたので。
西川
西川
TIER
TIER
なるほど。
そこで最終的にオーストラリアとニュージーランドが残りました。当時は為替レートも良かったんです。ただ、ニュージーランドも安かったけど現地での生活や物価水準を加味すると、メルボルンの郊外の学校に通うことが選択できる範囲の中では一番安かったので。
西川
西川
TIER
TIER
確かに今でこそメルボルンも相当に物価の高い都市になっていますが、ひと昔は前はそうではなかったですよね。親御さんはご納得を?
ええ、これですべてが整いました。色々と申請等の準備して、片道切符で渡航しました。
西川
西川
TIER
TIER
片道切符にしたのはなぜですか?
自分の中での些細な決意表明みたいなものです。帰るためには現地で航空チケットを購入する必要があるので。当時の私からすると、それもできるか不安でしたから、生半可な気持ちで行くのはやめようと。
西川
西川
TIER
TIER
ある種の退路を断つじゃないですが、侍スピリットですね。素敵です。

オーストラリアでは語学学校から専門学校へ

TIER
TIER
オーストラリアでの生活はどのように始まりましたか?
まずは、語学学校に通い始めました。半年通った後に、家具のデザインと製作の両方を本格的に学べる専門学校に入学しました。
西川
西川
TIER
TIER
家具のデザインと制作をする学科を専攻された理由は何ですか?
元々小学生のころから木工が好きでした。私の祖父が建築士の資格を持った大工の棟梁で、小さい頃によく祖父の工場に行き、木工をして遊んでいました。新聞の折り込みチラシにある建物の間取り図をみては、自分なりに図面を書いてみたり。
西川
西川
TIER
TIER
クリエイターのルーツですね。
図面を書いたら、この空間に何を置くといいのだろうとか、昔から妄想が好きでしたね。それで実際に作ってみようと祖父に教えてもらいながら自分で棚を作ってみたり。
西川
西川
TIER
TIER
起業家になる人は妄想する人が多いと言われていますが、西川さんもまさにでしたね。昔から好きだったインテリアの空間デザインや木工をより突き詰めて学ぶ意味において、家具のデザインと制作の両方を本格的に学べる学校は西川さんにとって素敵な出会いでしたね。
はい、家具に特化している点がユニークで面白いなと。日本でも聞いたことがないので、興味を持ちました。実際に見学した時も環境がものすごい良くて。新設の校舎で機械も新しく、座学の教室と作業場が大きなガラス一枚で隔たれてて、とても素敵だなと思いました。
西川
西川
TIER
TIER
幼い頃から図面を書いて妄想していた西川さんにとって、まさにというレイアウトであり空間デザインだったのかもしれないですね。

現地の専門学校を卒業後に現地企業に就職

TIER
TIER
専門学校を卒業してから現地の企業で就職されていますが、そのあたりの背景をお聞かせください。
まず、専門学校での学びがとても充実したもので、もっと突き詰めたいと学習意欲がわき、大学に行きたいと思うようになりました。けれど、専門学校での2年間の学費が終わって更に大学の学費となると、流石に金銭的に厳しいものがありました。
西川
西川
TIER
TIER
留学において、お金は常に付きまとう悩みですよね。どのようにして突破口を見出したのですか?
留学生だからこそ学費が通常より高いので、永住権を取れば安くなると。
西川
西川
TIER
TIER
永住権ですか!学費を安くするために永住権取りにいくとはウルトラCですね。日本の大学でぬくぬくだらだらとしていた私が塵ように思えてきます。
それで永住権が取れる方法を調べていたら当時「家具職人」枠があり、これに合格できれば永住権が取れることが分かりました。そのため先ずは働きながら永住権を取得する方へと舵を切りました。
西川
西川
TIER
TIER
計画しても実行、その先の実現までかなり険しい道のりの印象を受けますが、そこからどのように物事は進んでいきましたか?
先ずは、正社員として働くために、地域コミュニティペーパーの求人案件から家具職人の仕事ができる企業を探し応募しました。面接に合格し、1ヶ月の試用期間を経て、正式採用されました。
西川
西川
TIER
TIER
さらっと言いますが、勇気の連続だったと察します。素晴らしいですね。どのような企業でどのような仕事をされていたのですか?
ローカル企業でシステムキッチンメーカーでした。当初は図面の書く仕事を中心に行い、次第に制作も任せてもらえるようになりました。
西川
西川
TIER
TIER
ワーホリはじめ日本人留学生は日本食レストランであったり、現地の専門学校を卒業した人でも日系企業でしか働けない人が少なくないですが、ローカル企業で働けるマインドと実力が素晴らしいですね。最終的にどれ位働きましたか?
1年で永住権取得できましたので1年で退社して大学に進学しました。
西川
西川
TIER
TIER
頭の中で質問が何個も同時に出てきて若干パニックです(笑) 「え!?もう永住権取れたのですか?」というのが率直な感想です。
はい、何とか取れましたね。
西川
西川
TIER
TIER

1年で最高難易度といっても過言ではない永住権取得を達成した訳ですね。凄いです。それにしても現地の専門学校を卒業しているとはいえ、そんな早く永住権取れるものなのでしょうか?

働きながら資格を取るための学校にも通っていました。本来そのコースは4年コースだけど1年で取得しました。
西川
西川
TIER
TIER
すいません、そんな例外あるんですか?(笑)
その家具職人の4年コースは、ディプロマベースで作られているのをシラバス等で調べ尽くして分かったんです。なので、学校に対してプレゼンしました。
西川
西川
TIER
TIER
繋がりましたか、プレゼンの英才教育に。ここぞとばかりにプレゼン力を発揮した訳ですね。プレゼンしている西川さんの後ろにお父様が重なって見えたと思います。
ええ、それで私は既に2年課程の専門学校卒業しているので、4年も行く必要がないと。それで1年で試験を受けさせてくれとプレゼンし、納得してもらいました。
西川
西川
TIER
TIER
差分の2年ではなく、1年で受けさせてくれというのも、プレゼン力で畳みかけた感じがありますね。それで試験は1年で合格したと。
はい、その後は大学に通うためにフルタイムの仕事はやめて大学生になりました。
西川
西川

永住権取得後にオーストラリアの大学へ

TIER
TIER
大学はどのようにして決めましたか?
3つ選択肢がありました。モナシュ、RMIT、スウィンバーンの3つです。モナシュは5年間だったのでちょっと長すぎると思い除外、RMITは担当の方の感じが悪かったので除外、スウィンバーンは飛び級できたので最終的にスウィンバーンにしました。
西川
西川
TIER
TIER
大学での生活はどうでしたか?
飛び級して入ったので、同級生達からすると「スゲーやつが来たぞ」的な様子でしたが、私が全く彼らについていくことができませんでした。
西川
西川
TIER
TIER
直実に成果を出し続けていた西川さんにとって、オーストラリアでの初めての挫折になるでしょうか。
そうですね。彼らはスケッチも上手いし、3Dソフトも使いこなせる。なので、毎日、申し訳ないと思いながら100枚コピー用紙を持って帰り、家に帰って100枚ひたすらスケッチし続ける日々でした。
西川
西川
TIER
TIER
理想と現実のギャップが分かるとすぐに行動に移して埋めに行く姿勢が素晴らしいですね。努力は実りましたか?
はい、最終的に一番上手くなりました。教授からも、「3Dについて分からないことがあればマサに聞け」と同級生に対して言うまでになりました。私も同級生に対しても試験の評価で ”P(Pass) is Failure”だと言っていましたね。
西川
西川
TIER
TIER
素晴らしいですね。登り詰めた訳ですね。同級生とも楽しそうな様子が伝わります。

大学の学費と生活費を稼ぐために大学に行きながら働く日々

TIER
TIER
ちなみにですが、大学の学費は安くなったとはいえ、それでもそれなりの学費がかかりますし、生活費もあります。お金はどのようにして工面していましたか?
はい、お金はやはり必要で大学に通いながらも、アルバイトはする必要がありました。
西川
西川
TIER
TIER
どんなアルバイトをしていましたか?
最初の頃は家の近くのイタリアンレストランの厨房で働いていました。
西川
西川
TIER
TIER
大学は勉強も相当ハードだと思います。大学との掛け持ちは大変だったと思います。
はい、週五で働いて夜中に課題やっての毎日でした。レッドブルも毎日飲んでいました。慢性的な睡眠不足で、ご飯もピザばかりで体に悪いし15kgも痩せてしまいましたね。
西川
西川
TIER
TIER
15kgはやばいですね…
はい、このままだとやばいと思ってた頃に、同級生に話したらその同級生が「うちに来なよ」と彼が働いているデザイン事務所を紹介してくれました。
西川
西川
TIER
TIER
デザインの仕事だと学業とのシナジーもありますし、経験にもなるので良かったのではないでしょうか?
はい、確かにそうでしたが、私が働き始めたらすぐにその紹介してくれた人が辞めてしまいました。
西川
西川
TIER
TIER
スケープゴートの匂いがしますね
案の定、きつかったですね(笑)当時からその事務所がリモートでの勤務を推奨していて、夜に大学で仕事していました。私の後ろを通る同級生が私のPCのぞき込んでは「え?そんな課題あるの?」みたいな感じでよく焦っていましたね。
西川
西川
TIER
TIER
夜に仕事していると、差し迫った、しかもこんな高度な課題があるのかと焦ってしまう姿が浮かびます(笑)それにしても当時からリモートがあるのも興味深いですね。

大学卒業後に現地勤務を経て帰国

TIER
TIER
大学卒業後はどうされていましたか?
大学卒業前から務めていたそのデザイン事務所に卒業後も含めて約2年働いた頃に、「18歳でオーストラリアに来て、もう26歳になるな」と思うようになり、そこで一度日本に帰国することを決めました。
西川
西川
TIER
TIER
気になります。帰国を決めた理由をもう少し教えて頂けますか?
大学では工業デザインを専攻していたのですが、オーストラリアは国柄、工業があまり盛んではありません。そのため工業デザインの知見や経験を存分に発揮できる環境を求めていたので、母国であり工業国でもある日本で働くことが良いのではと考え、いいタイミングだと思い帰国を決めました。
西川
西川
TIER
TIER
なるほどです。日本に帰ってからどのような仕事をされたのですか?
先ずは東京で自分を試してみることにしました。そこでオーストラリアで出会った昔の知人に再会し、その知人の取引先のデザイン事務所の社長に会う機会がありました。そこで、その人に「仕事していないなら手伝ってほしい」と言われて働き始めました。他にも候補があったのですが、そのデザイン事務所が大手企業の仕事を多数行っていたので、ある種その類に対する憧れも当時はあったので、よい機会だと思いそこに決めました。
西川
西川
TIER
TIER
オーストラリアでの出会いが日本での仕事にも繋がっている点が感慨深いですね。その後に起業されたのですか?
いえ、元々工業デザインがやりたくて帰国したので、3年働いたタイミングでそろそろ工業デザインの仕事をしようと思い、大手什器/備品のメーカーに転職しました。
西川
西川
TIER
TIER
そこではどのようなお仕事をされていたのですか?
量産家具の企画デザイン・設計ですね。そこで計7年勤めました。
西川
西川
TIER
TIER
日本のデザイン会社や大手メーカーでのご経験と、オーストラリアでの勤務経験から両者の違いで思うところはありましたか?
日本の場合は、形状やRの処理から何まで全て裏付けが要求されます。オーストラリアでは、ぱっと見で良ければそれ以上はあまり求められない。
西川
西川
TIER
TIER
正解がなく一長一短であり、商慣習やその奥にある生活者の文化や消費に対する視点に起因するものなのかと思いますが、そのあたりいかがでしょうか?
そうですね、「印象」に対する価値の違いかなと思います。オーストラリアでは、ぱっと見等の「印象」も重視されていますが、日本では、「印象」が重視されていないとは思いませんが、軽視されているのかなとは思います。
西川
西川
TIER
TIER
売れる根拠を突き詰める日本のスタイルも、ビジネスである以上は大切な視点だと思いますが、それに偏重しているきらいがあるのかもしれないですね。使い方の意味で、ロジカルシンキングの台頭による悪しき側面なのかもしれないですね。

実家に帰り、うどん屋を手伝いながら家具屋で小売業を学ぶ

TIER
TIER
さて、いよいよ大手メーカーでの勤務を経て独立されるわけですが、そのあたりについてお聞かせ頂けますか?
まず、メーカーに勤めていた時から頭の中では先々起業するイメージは出来ていました。そこで思っていた事として、企画、デザイン、設計ができる、モノも作れる、そう考えた時に後は売ることをまだ経験していないと思い、小売りの経験をしてから起業しようと決めていました。「一通り全部やって起業したら一番やりたいことができるんじゃないか?」そのように感じていました。
西川
西川
TIER
TIER
確かに一人ですべて自己完結したら基本なんでもできそうでワクワクしますね。
はい、そんな折、香川の実家から連絡があり、親にうどん屋を手伝ってほしいと御願いされました。
西川
西川
TIER
TIER
遂にうどん屋さんが出てきましたね。
ええ、高校卒業後に海外に行かせてくれた親に感謝の意味でも親孝行しようと思い、東京も10年近くいましたから実家に帰ることを決めました。
西川
西川
TIER
TIER
素敵です。親御さんは幸せですね。
うどん屋を手伝いながら、小売りを学ぶために地元の家具屋さんで働き始めました。そこで一通り学んだタイミングで香川で起業しました。起業してからは現在に至るまで家具や什器、空間のデザインをしながら貿易のサポートもしています。
西川
西川

実家の香川で起業という選択

TIER
TIER
起業してみてこれまでどのような印象ですか?また大変だったこと、悩みに悩んだこと等はありましたか?
まず家具のデザイン、製作については経験があるのであまり苦労していないのが本音ですが、デザイン力や英語力があっても資金がないので、お客さんありきの仕事になりがちなのは課題かなとは思います。一方の貿易のサポートについては、材木の輸入の買い付けのために現地に行ったりするのですが、そちらは当初本当に大変でした。
西川
西川
TIER
TIER
輸入に関してはどのような問題がありましたか?
企業の輸入代行としてウォルナットの天板を中国から買い付けていたのですが、品質が安定しないため、品質不具合の対応が本当にきつかったです。年に4、5回中国に行って不具合対応にも追われていました。最終的にその取引は無くなり、苦い経験です。品質を担保した安定供給は本当に難しいなと痛感しましたが、いい学びにもなりました。
西川
西川
TIER
TIER
失敗しない人はいないと思いますし、苦い経験と向き合い、そこできちんと学びに変えている点が素敵です。起業してこれからも色々あると思いますが、今後の展望を教えてください。
自社の商品を海外仕様にしたい需要が少なくありませんので、そこに自分の付加価値でもある「貿易」×「企画」×「デザイン」の掛け算でクライアントに価値提供をしていきたいなと考えています。
西川
西川

「グローバル人財」を目指す人たちへ

TIER
TIER
お時間も迫ってきましたので最後に2つだけお願いします。まず、これから海外を目指す人たちに西川さんのご経験からアドバイスをお願いします。
英語を学ぶことをゴールにするのもいいですが、現地でスキル等を学ぶ過程で、手段として英語を使い、結果としてスキルが身に付き、英語力も副次的についてくるスタイルの方がより現地でのQOLは良くなると思います。
西川
西川

「グローバル人財」とは?

TIER
TIER
それでは最後に、西川さんにとっての「グローバル人財」を一言でお願いします。
ニュートラルな人。
西川
西川
TIER
TIER
西川さん、お忙しい中ありがとうございました!

 

———————————————

株式会社デザイン&トレーディング
代表取締役 西川 正剛

1981年生まれ。高校卒業後、渡豪。Swinburne University Industrial Design学科卒。現地デザイン事務所、日本のデザイン事務所、大手什器/家具製造メーカー、家具小売店での勤務を経て、香川にて起業。

サイトはこちら>

About TIER

TIERは、Global、DX、HRの3軸により 大手企業から中小企業、民間企業から行政まで、海外展開に必要なサービスをワンストップで支援しております。海外マーケティングセールスからデジタルマーケティング、多言語サイトや越境ECサイト制作等の海外向けクリエイティブ制作、グローバル人材採用支援まで幅広く対応しております。お気軽にお問い合わせください。